サブメニュー

●週刊「世界と日本」コラム

外部各種イベント・セミナー情報

  • 皆様からの情報もお待ちしております

お役立ちリンク集

  • お役立ちサイトをご紹介します

Coffee Break

  • 政治からちょっと離れた時間をお届けできればと思いご紹介します

東京懇談会録

  • ※会員の方向けのページです

●時局への発言ほか

  • お知らせ

    ●会員専用コンテンツの閲覧について
    法人会員及び個人会員、週刊・月刊「世界と日本」購読者の方で、パスワードをお忘れの方はその旨をメールにてご連絡ください。その際に契約内容が分かる内容を明記ください。折り返し、小社で確認後メールにてご連絡します。

    パスワードお問い合わせ先

    tokyo@naigainews.jp

刊行物案内 リベアルアーツシリーズ

月刊『世界と日本』特別編集リベラルアーツシリーズⅢ
「現実のものとなった軍事脅威・・・空から襲い、海から侵す」

判型B6判(128×182mm)146ページ

平成29年12月1日発行

特別定価 2,500円(税込)/送料サービス


※リベアルアーツシリーズ1、2との特別セット価格5,000円(税込)/送料サービス

<誌面紹介

論考-1 我が国における防衛戦略上の課題(磯部晃一)
論考-2 海からの脅威(小原凡司)
論考-3 今そこにある空からの脅威(本村久郎)
論考-4 自衛隊と米軍:中国の海・空域進出に対応する日米防衛協力(グラント・F・ニューシャム)

 

特別編集『リベラルアーツシリーズ3』企画概要
「現実のものとなった軍事脅威・・・空から襲い、海から侵す」発刊について

平成29年11月20日

内外ニュース企画担当取締役(内外ニュース国防研究会編集・企画責任者) 

紺田康夫

 金正恩政権の暴走振りは一向に止まない。中でも核・弾道ミサイルの開発の継続は、周辺諸国や国際社会に不安を投げかけている。米国トランプ政権は、これを阻止するため、中国を巻き込んだ形での外交的解決を優先させつつも、あらゆる軍事的選択肢を排除しないとの強い意志を表明した。
 こういった中、本年5月に来日した米太平洋軍のハリス司令官は、安倍首相との会談や講演を通じ、昨年制定した平和安全法制や日米防衛協力指針(ガイドライン)を踏まえ、両国の防衛協力をさらに推進していくことを確認した。この中で同氏は、北朝鮮を「明確かつ危険な脅威」と位置づけると同時に「核弾頭と弾道ミサイル技術を、激しやすい金正恩(朝鮮労働党委員長)のような人の手に持たせるのは、大惨事のレシピとなる」と警告している。
 さらに同氏は、中国の急速な軍事力の増強振りと覇権的な行動振りを警戒し、尖閣諸島を守る日米の強い決意と「南西諸島列島線防衛の新しい方策の検討」を推進していくことを表明した。

 

 本号の「現実のものとなった軍事脅威・・・空から襲い、海から侵す」は、不安定さを増すわが国周辺の安全保障環境にあって、日本の安全保障・防衛政策、取り分け、わが国自身の防衛体制や日米安保体制を如何なる形にすべきかを考察し、具体的な政策提言の形で表明することを企図するものである。現在、防衛省を中心として中期防衛力整備計画(中期防)の改訂に備えた準備作業が粛々と進んでいる折柄、自民党や政府の一部には、激変する安保環境下にあって、中期防の改訂は当然のこととして、防衛計画の大綱の改訂をも念頭に置いた動きも見られるようになった。
 日本は不安定な東アジアの国際情勢に如何に適切に対処していくのか。我が国自身は、こういった課題に如何に立ち向かうべきか。同盟国米国トランプ政権と如何に関わっていくのか。これらを真剣に考え、日本国民を適切に啓発していくことは、正に日本の政治家や専門家の責務である。

 

 こうした観点から、内外ニュースでは、一昨年、集団的自衛権の限定的な行使を含めた安全保障法制の論議に際して世に出したリベラルアーツシリーズⅠ『なぜ今必要なのか?集団的自衛権の(限定的)行使』、昨年のリベラルアーツシリーズⅡ『今そこにある軍事的脅威に如何に立ち向かうか』と同様、今般は、後記の様な国内外の専門家による安全保障・防衛に関するタイムリーな論考を世に送り、国民に対して警鐘を鳴らすこととしたい。

 

1.書名

月刊『世界と日本』11月12月合併号 リベラルアーツシリーズ3
「現実のものとなった軍事脅威・・・空から襲い、海から侵す」

2.仕様

判型B6判(128×182mm)146ページ

3.発行部数

53,000部 内外ニュース会員への配布及び内外ニュースチャンネルでの直販

特別定価@2,500円(税込) 送料サービス

TEL、FAX、メール、ホームページより申し込みが可能です。

TEL 03-3580-1264 FAX 03-3508-1070

E-MAIL tokyo@naigainews.jp

ホームページ 内外ニュースチャンネル http://www.naigainews.jp/

4.企画構成

 1.論 考-1 我が国における防衛戦略上の課題:磯部晃一
 2.論 考-2 海からの脅威:小原凡司)
 3.論 考-3 今そこにある空からの脅威:本村久郎
 4.論 考-4 自衛隊と米軍:中国の海・空域進出に対応する日米防衛協力:

        グラント・F・ニューシャム

 

月刊『世界と日本』特別編集リベラルアーツシリーズⅡ
「今そこにある軍事的脅威に如何に立ち向かうか」

判型B6判(128×182mm)456ページ
発売日:平成28年11月1日
特別定価 2,500円(税込)/送料サービス

<誌面紹介>
○座談会
防衛大臣(インタビュー時)中谷大臣、神保慶應大准教授、金田秀昭司会)
与野党政治家防衛討論(小野寺先生、長島先生、浅尾先生、金田司会)
日米専門家同盟討論(ジェームス・E・アワー先生、西原先生、金田司会)

○論文
実態防衛論-1
(南西諸島機動展開防衛:磯部元陸将)
実態防衛論-2
(多元経空飽和攻撃対処:金田元海将)
実態防衛論-3
(拡大核抑止戦略再点検:樋口元陸将)

特別編集『リベラルアーツシリーズ2』注文書.pdf
PDFファイル 306.0 KB

月刊『世界と日本』特別編集リベラルアーツシリーズⅠ
「なぜ今必要なのか?集団的自衛権の(限定的)行使」

判型B6判(128×182mm)232ページ

発売日:平成27年1月1日

内外ニュース リベラルアーツシリーズ創刊のお知らせ

議論を冷静に正確に進めるための必読書!!

VOL.1『なぜ今必要なのか?集団的自衛権の(限定的)行使』

本体 463円+税

全国主要書店、政府刊行物センターにて好評発売中です!!

<誌面紹介>

 本誌は、今般の閣議決定の含意するところを、読者の皆様に出来るだけ分かりやすく解説する、との趣旨で、このためのベストの人選として、政治からは石破自民党幹事長(座談会時)、民間からは宮家キヤノングローバル戦略研究所研究主幹、金田岡崎研究所理事の座談会。長島昭久衆議院安全保障委員会筆頭理事のインタビュー。米国、国際政治学者、幹部自衛官OBの論考も掲載されています。

全国主要書店、政府刊行物センターにて好評発売中
全国主要書店、政府刊行物センターにて好評発売中

※FAXでのお申し込みも受付中です。下記申込書をダウンロードいただき小社へFAXにてお申し込みください。

集団的自衛権 注文書 リベラルアーツシリーズ1 内外ニュースバージョン.
PDFファイル 290.6 KB

【AD】

2018年4月、金沢高専から国際高専へ
徳川ミュージアム
ホテルグランドヒル市ヶ谷
沖縄カヌチャリゾート
ホテルグランドパレス
大阪新阪急ホテル
富山電気ビルデイング
全日本教職員連盟
新情報センター
さくら舎
銀座フェニックスプラザ
ザ・シチズンズ・カレッジ
ミーティングインフォメーションセンター
ピーアンドピービューロゥ