サブメニュー

●週刊「世界と日本」コラム

外部各種イベント・セミナー情報

  • 皆様からの情報もお待ちしております

お役立ちリンク集

  • お役立ちサイトをご紹介します

Coffee Break

  • 政治からちょっと離れた時間をお届けできればと思いご紹介します

東京懇談会録

  • ※会員の方向けのページです

●時局への発言ほか

  • お知らせ

    ●会員専用コンテンツの閲覧について
    法人会員及び個人会員、週刊・月刊「世界と日本」購読者の方で、パスワードをお忘れの方はその旨をメールにてご連絡ください。その際に契約内容が分かる内容を明記ください。折り返し、小社で確認後メールにてご連絡します。

    パスワードお問い合わせ先

    tokyo@naigainews.jp

【2019年のテーマ】創業47周年 初心貫く「正論、正報道、正解説」

今日の政治課題―参院選を前にして―

平成31年4月5日
衆議院議員
自由民主党 選挙対策委員長
甘利 明 氏

7月の参院選に向けて、これからの政治の動きと衆参選挙の動向を自由民主党選挙対策委員長として取り組む姿勢、課題を縦横に語った。

また、日本の国力を堅持するためにも教育の重要性、特に大学の知識研究の大切さ、独自の資金調達先の多様化・経営力の拡充、統合等への取り組みを具体的に示した。

「今、政治家として考えていること」

平成31年1月16日
ジャーナリスト
国家基本問題研究所理事長
櫻井よしこ 氏

日韓関係を根本から見直すべき

今、日本はものすごい危機に直面している。国の在り方を考えると、液状化現象のようなものを感じることがある。しかしそれは立て直しのチャンスでもある。私達がこの祖国を立て直せるかは、一つはどれだけ状況が厳しいかを、認識する能力があるかどうかだ。もう一つは反対されてもいいから、きちんと主張すること、戦うことである……

「今、政治家として考えていること」

平成30年9月28日
衆議院議員

石破 茂 氏

 

 

今回の自民党総裁選で問われたものは、一体何だったんだろうか。 半数近い地方票を集め、政治を必用としている人たちの現状を映し出した。 選挙戦で見えたものは、永田町の感覚と国民と向き合うことの重要性、誠実に少数意見を採り入れ、民主主義にとって良いことに真剣に取り組んでいくこと、次の世代の国民のために、嫌なことを取り除くこと、それが私の政治家としての使命です……

「今、政治は何をしなければいけないのか」

平成30年7月3日
衆議院議員 外務大臣

河野太郎 氏

 

 

外務大臣就任後、50数カ国を訪問

昨年8月3日に外務大臣を拝命し、のべ50数カ国を訪問した。私と前任の岸田文雄外務大臣の2人合わせて、昨年の12月までの5年間でのべ110カ国行ったが、その間、中国の王毅外交部長はのべ260カ国くらい訪問している……

有力政治家、企業経営者、著名な各分野の専門家を招き全国各地で懇談会を開催しています。

懇談会について

内外ニュース懇談会は、東京・関西・仙台・茨城・新潟・金沢・富山・名古屋・尾道・広島・周南・松山・伊予三島・福岡・北九州で開催しています。



世界のリーダーになるための教育特集号

 

月刊『世界と日本』No.1291特別号
『世界のリーダーになるための教育』

 

立ち読みができます。
月刊世界と日本1291特別号.pdf
PDFファイル 3.1 MB

人づくりは、国づくり。21世紀の日本にふさわしい教育体制を構築し、教育の再生への取組を解説していきます。「子どもたちが夢に向かって頑張れる国創り」をより強固なものにするために、我が国有数の論客にその教育に懸ける思いを、それぞれ特に専門分野で論じていただきました。

週刊「世界と日本」第2147号 より

現行憲法が施行されてから今年で72年、ようやく憲法改正が現実味を帯びてきた。9条についていえば、主権独立国家に相応しく、2項を改正して自衛隊を「軍隊」にすることが、長年の目標であった。しかし、国会の現状をみれば、2項改正は非現実的である。そこで、苦渋の選択の結果、出てきたのが9条1・2項には手を付けず、新たに「9条の2」という条文を定め、「自衛隊の保持」を明記する改正案であった。


週刊「世界と日本」 最新号

平成31年4月15日号 

第2147号

 

皇位継承
その来歴と意味を探る
諸行事は敬神崇祖の表れ

 

 

京都産業大学名誉教授・モラロジー研究所教授
所 功 氏

 

月刊『世界と日本』 最新号

月刊『世界と日本』1297号

特集

「政治大乱」の年
安倍首相の挑戦と決断

ノンフィクション作家・

評論家
塩田 潮 氏

 

 

内外ニュース懇談会

有力政治家、企業経営者、著名な各分野の専門家を招き全国各地で懇談会を開催しています。

言論が世論を誤り、国運を危うくすることがないよう社会の木鐸としての使命を果たす所存です。


内外ニュース リベラルアーツシリーズ4刊行のお知らせ

国内外の専門家による安全保障・防衛に関するタイムリーな論考を世に送り、国民に継承を鳴らす!
『日本防衛変革のための75の提言』VOL.4
定価1,250円(税込)
直接販売、送料サービスにてお届けします。

 

詳細・お申し込みはこちら


内外ニュースチャンネルコンテンツ

2018年、平成30年はあの明治維新からちょうど150年。日本よ、新しい自我形成に目覚めよ

 

エネルギーチャンネルは、第4次安倍政権の重要テーマでもある「エネルギー」の特設サイトです。

 

地方創生チャンネルは、自立的で持続可能な社会の創生を目指す第4次安倍政権の重要テーマ「地方創生」の特設サイトです。

 

内外ニュースでは、『女性躍進の現在と今後』と題し、企業でご活躍中の方々にスポットをあて、その取り組みについて紹介しています。

各府・省庁行政の最前線で活躍されている官僚の方々を講師にお迎えし、「今を知り、明日を考える」セミナー形式の勉強会です。

内外ニュースでは、月刊『世界と日本』・週刊「世界と日本」を発行しています。

記念館や美術館など内外ニュースおすすめサイトや記事を掲載しております。

私の憲法論チャンネルは、第4次安倍政権の重要テーマでもある「憲法改正」に焦点を当て、その必要性を論ずる特設チャンネルです。

刻々と変化する国際情勢を各国の政治・経済など様々な視点から考察してゆきます。

 

教育・大学力 KIT 金沢工業大学チャンネルは、第4次安倍政権の重要テーマでもある「教育」の特設サイトです。

毎回著名な講演者を招き全国各地で行われる懇談会は、会員限定の講演会です。

 

週刊「世界と日本」に掲載してるコラムがご覧いただけます。

 

 

学生の街吉祥寺の「啓文堂書店」にて開講中の無料教養講演会「よるべん・ひるべん」。毎回楽しくてためになる講演を実施しています。

人づくりは、国づくり。21世紀の日本にふさわしい教育体制を構築し、教育の再生への取組を解説していきます。

「安定的な皇位継承」を可能にする具体的な方策を十分に検討し、現行典範の現実的な改正を実現することを考えるチャンネルです。

防衛・安全保障チャンネルは、1976年に始まった『国防論』の延長線上にある企画です。

 

東京勉強会/懇話会は、政治、社会分野におけるエキスパートを講師に、少人数で懇話形式のテーマ勉強会を実施しています。

週刊「世界と日本」に掲載してるマスメディア批判がご覧いただけます。

 

内外ニュースで行った、各界著名人の対談やインタビューを掲載しています。


月刊『世界と日本』バックナンバーご案内

●第1237号の立ち読みができます!

「夢を追い続ける素晴らしさ」稲盛和夫氏(月刊『世界と日本』第1237号)
・目次
・P10〜P15
世界と日本NO1237立ち読み.pdf
PDFファイル 1.3 MB

※稲盛和夫講演録集のお申し込み方法

申込PDFファイルをダウンロードいただきFAXにてお申し込みください。
月刊『世界と日本』NO1237号申込書.pdf
PDFファイル 582.4 KB

【PR】

●会員専用コンテンツの閲覧について
法人会員及び個人会員、週刊・月刊「世界と日本」購読者の方で、パスワードをお忘れの方はその旨をメールにてご連絡ください。その際に契約内容が分かる内容を明記ください。折り返し、小社で確認後メールにてご連絡します。
パスワードお問い合わせ先
tokyo@naigainews.jp


【AD】

2018年4月、金沢高専から国際高専へ
徳川ミュージアム

ホテルグランドヒル市ヶ谷
全日本教職員連盟
ピーアンドピービューロゥ
沖縄カヌチャリゾート
新情報センター
ホテルグランドパレス
さくら舎
大阪新阪急ホテル
銀座フェニックスプラザ
富山電気ビルデイング
ミーティングインフォメーションセンター

【AD】

2018年4月、金沢高専から国際高専へ
徳川ミュージアム
ホテルグランドヒル市ヶ谷
沖縄カヌチャリゾート
ホテルグランドパレス
大阪新阪急ホテル
富山電気ビルデイング
全日本教職員連盟
新情報センター
さくら舎
銀座フェニックスプラザ
ミーティングインフォメーションセンター
ピーアンドピービューロゥ