サブメニュー

●週刊「世界と日本」コラム

外部各種イベント・セミナー情報

  • 皆様からの情報もお待ちしております

お役立ちリンク集

  • お役立ちサイトをご紹介します

Coffee Break

  • 政治からちょっと離れた時間をお届けできればと思いご紹介します

東京懇談会録

  • ※会員の方向けのページです

●時局への発言ほか

  • お知らせ

    ●会員専用コンテンツの閲覧について
    法人会員及び個人会員、週刊・月刊「世界と日本」購読者の方で、パスワードをお忘れの方はその旨をメールにてご連絡ください。その際に契約内容が分かる内容を明記ください。折り返し、小社で確認後メールにてご連絡します。

    パスワードお問い合わせ先

    tokyo@naigainews.jp

内外ニュース懇談会 講演要約

講演
「最後の役割を果たす」

日本維新の会所属 参議院議員
新党大地代表
鈴木 宗男 氏

内外ニュース東京懇談会10月例会は2日、ホテルグランドパレスで行われ、鈴木宗男氏が「最後の役割を果たす」と題し講演した。波乱万丈、長い政治家人生の中で「私なりに悟ったこと」を3つ挙げ、友人・家族、信念、感謝について語った。さらに現安倍政権との協調に触れながら、政治信条・政治への意気込みを述べた。


人に支えられてきた「わが人生」

 私は中川一郎先生の秘書を務め、中川先生が亡くなった後は、「中川一郎氏自殺の原因は鈴木宗男だ」とメディアからバッシングも受けた。また逮捕され、収監されて刑務所生活を送ったが、そうした人生の中で私なりに悟ったことが3つある。

 一つ目は、一人では生きていけないということ。家族、友人、仲間が必要だ。私はその点、家族、特に女房には感謝している。

 選挙に出る時、女房が「あなた、政治家になるために秘書になったのでしょ。ここで選挙に出なければ、中川一郎自殺の原因は鈴木だと言われます。勝ち負けではない。選挙に出ることによってあなたの人生が決まる」と言ってくれた。

 仲間といえば後援会の方々で、昭和58年から私を応援していただき、今でも続いている。だから私は9年間のブランクがあっても、政治家としてカムバックできた。

 友人については、私にとってかけがえのない二人がいる。

 一人は歌手の松山千春さんで、生涯の心友である。私の言う親友は親しい友ではなく、「心の友」である。あれだけの人なら、逮捕された私と付き合うだけでもリスクを負うので、離れていくのが普通だが、千春は死ぬまで鈴木宗男だと言ってくれている。

 もう一人、生涯の戦友、闘う友がいる。外務省主任分析官だった佐藤優氏。外務省の時、上司から「鈴木を撃て。そうすればお前を助けてやる」と言われても、それをしなかったために逮捕された。私は佐藤氏の人間味に感謝している。今も毎日連絡を取り合う仲だ。佐藤氏は誰が何と言っても、知の巨人、日本のインテリジェンス、情報関係では第一人者である。

 二つ目は、生き延びるためには信念を持つことだと思っている。ふらついてはだめだ。

 437日間、東京拘置所にいたが、なぜ長く拘留されていたかというと、検察の調書にサインしなかったからだ。

 私が何の事件で捕まったのか、意外と知らない人が多い。私が捕まったのは政治資金規正法違反などの罪だが、私は今も再審請求をしている。「俺の生き様に間違いはない」と、確固たる信念を持っていれば、人はついてくるし、どこかでわかってくれる日が来ると思っている。

 三つ目は、目に見えない力で生かされているということ。その力とは亡き両親だったり、先祖のご加護だ。私は朝起きた時、仕事を終えて帰った時、必ず神棚と仏壇にお参りをする。万物の霊長に感謝する。両親やご先祖に感謝する気持ちを持つことが、大事ではないかと思う。

 後援者に失望を与えたことは申し訳ないと思いながらも、この国策捜査に遭わなければ、1番にはなれなくても、間違いなく2番になれた。圧倒的な力のある2番でやっていけるという自信があった。しかし勝負の世界、何があるかわからない。

 そういう意味でも437日間拘置所にいて、1年間刑務所にいたが、私なりにこの3つの意味、重み、尊さを知った。それだけでもいい経験をしたと思っている。同時に人目を忍んで生きることなく、堂々と胸を張って生きることができた。

 また、私は人間関係、人との出会いを大切にしてきた。「1回付き合った人とは誠心誠意で付き合う」、これをモットーにしてきた。そのために今でも多くの人とつながっている。

 だから私は若い人に、「負けるな、あきらめるな、前を向いて歩け。そして人一倍働け」と言いたい。努力は報われない時もあるが、努力した分は必ず返ってくる。そういうメッセージを発して、私は私なりの政治家の責任を果たしていきたいと思っている。

 

憲法・ロシアで安倍総理を支える

 最後に、今の政治の話をしたい。昨日の夜も、安倍総理と約30分意見交換をした。安倍総理は意気軒高で、こうした強いリーダーの下で、いい政治がなされると思う。

 安倍総理は憲法改正、日朝国交正常化、北方領土の解決・日ロの平和条約締結、この3つを何とかして成し遂げたいという強い決意をもっておられる。今回の組閣、様々な人事の中で、国家安全保障会議の局長が北村滋氏に替わった。これはうってつけの、最高の人事ではないかと思う。

 また、安倍総理の日ロにかける強い思いは、父上の後ろ姿だろうと思う。思い出すのは平成3年、ゴルバチョフ大統領がソ連の最高首脳として初めて来日された時、安倍晋太郎先生は入院中だった。ゴルバチョフ大統領の歓迎式典に、医者にも奥様にも止められたが、「会う責任がある」と言って、強い決意で出てこられた。

 その時に秘書として安倍晋太郎先生に寄り添っていたのが、今の総理である。体調が悪いながらも、安倍晋太郎先生はしっかり立ち上がって、ゴルバチョフ大統領と握手をされた。その姿を見て、私は感激した。政治家の魂、根性を教えられた気がする。

 安倍総理は、御父上の後ろ姿を絶えず十字架のごとく背負い、立ち向かっていく、そこに総理の生き様があると思う。私もだれよりもロシアと向き合ってきた者として、安倍総理を支えていきたいし、サポートしていきたい。

 併せて憲法改正も、安倍総理の強い思いがある。私は議論をするのが先だと思っている。

 憲法の議論をするのが第一であり、このことに向けて、私なりの発信をしていきたい。特に日本維新の会は、「憲法の議論はする。時代に合った憲法にする」というのが党の考えなので、私もこの点で安倍総理の立場を応援できると思う。

 日本維新の会は、健全保守政党である。私は、日本社会は保守の社会であり、健全保守の社会が日本の発展につながると思う。

 そういう意味では、私は政治の安定に少しでも寄与して参りたいし、またその一翼を担っていきたいと思う。

 

※講演の動画は「内外ニュースチャンネル」でご覧頂けます。(会員専用)

https://www.naigainews.jp/懇談会/懇談会動画/動画-鈴木氏201910-会員専用/

また、要約は週刊「世界と日本」NO.2161号に掲載されます。

コメントをお寄せください。

※管理者が著しく不利益と判断する記事や他人を誹謗中傷するコメントは、予告なく削除することがあります。

【AD】

2018年4月、金沢高専から国際高専へ
徳川ミュージアム
ホテルグランドヒル市ヶ谷
沖縄カヌチャリゾート
ホテルグランドパレス
大阪新阪急ホテル
富山電気ビルデイング
全日本教職員連盟
新情報センター
さくら舎
銀座フェニックスプラザ
ミーティングインフォメーションセンター
ピーアンドピービューロゥ